満月の法則オフィシャルブログ

佐藤康行ブログ

政治家はどうあるべきか

calendar

政治家はどうあるべきか

政治家というのは、国を運営していく人です。国民の税金で仕事をし、生活します。ですから、政治家にとっての社長は国民だとも言えるのです。
 
ゆえに、政治家というのは、どうしても厳しい目で見られがちです。それは致し方ないことです。国家の運命を背負っている政治家の判断が悪かったら、国を戦争に導き、多くの人を死なせることになってしまう場合もあります。
 
ですから、政治家は常にクリーンな心が大事なのです。厳しい目で見られることも、致し方ないのです。政治家は、国の将来を担い、多くの人たちを最もハッピーな方へ、豊かな方へ導いていくことができる、そういう絶大なる力を身につけることが大事だと思います。
 

佐藤康行


※佐藤康行の言葉をそのまま生で投稿しています。言葉の言い回しも含め、繰り返してご覧になることをオススメします。