1.真我の傾聴

まずは、身近な人に真我の傾聴です!

心の中で『真我の実践』を唱えながら、ただただ相手の話を聞かせていただきます。

そのときに、うなずき方、相槌の打ち方が大切です。
大きくうなずきながら感嘆して、楽しい話は楽しそうに、悲しい話は相手をいたわるように聞かせていただきます。

聞かせていただいている間は、なるべく自分の意見などは言わない方が良いでしょう。

相手の方の満月だけに焦点を当てて、満月だけを返していきます。相手の方が、心を開いて元気になったらVerry good!です。