佐藤康行公式[満月の法則]オフィシャルブログ

佐藤康行最新録り下ろし語録

人間の命とは?生命(いのち)の実の姿

calendar

人間の命とは?生命(いのち)の実の姿

こんにちは、佐藤康行です。

釈迦は人生における人間の苦しみとして、五つの苦しみ「生老病死、愛別離苦(しょうろうびょうし、あいべつりく)」を挙げています。

生とは生きること。生きることも苦しみに入っています。老とは老いること。人間は生まれた瞬間から老人にまっしぐらです。病気をした頃がない人はいません。
そして、何より、人間はいつか死に直面します。100%死ななければいけません。
年齢は別にして100%死にます。したがって、愛別離苦、愛する人と別れることは避けられません。

人間を肉体と見た時に、この五つの苦しみを避けることはできません。

しかし、人間を魂としてとらえて、魂は無限の愛ですから、生きることの喜びを味わうことができます。魂は老いることはありません。
魂に病気はなく、そして、魂は死ぬことはありません。したがって愛することも別れはありません。
人間を魂(真我)としてとらえることによって、生老病死、愛別離苦のすべてから解放されることができるのです。

それが生命(いのち)の実の姿なのです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!