佐藤康行公式[満月の法則]オフィシャルブログ

佐藤康行最新録り下ろし語録

人間の煩悩ですべてを見るな。神からすべてを見ると煩悩が消える。

calendar

人間の煩悩ですべてを見るな。神からすべてを見ると煩悩が消える。

こんにちは、佐藤康行です。

私たち人間が生きていくために、この物質文明が大変な勢いで発展、繁栄しています。物質文明とは、物が人を幸せにする、物が人を豊かにすると信じて人類は今まで頑張ってきました。
もう片一方では、心の世界、精神性だということで、世界中に数えきれない宗教が生まれました。 人口が一億一千万くらいの日本にも、約2億人の宗教の登録があると言います。おそらく亡くなった人や脱会した人も含まれているのでしょう。

しかし、間違いなくそれだけ宗教というものは、原始仏教から始まっていつの時代も宗教があったということは、人々から求められてきたのでしょう。
なのに、実勢にそれによって人間の心が救われ、解放され幸せを感じるという人がいるのでしょうか?

皆んなが本当の自分を知ることの大切さをおっしゃっているのです。ソクラテスも孔子も釈迦もキリストも等しく、自分を知ることと大切さを説き、そこにはすべての宗教の神髄があるのです。
ですから座禅をしたり、瞑想をしたり、神の姿を知りたくていろんなことをしました。神さまというのは形があるんだろうか。だから想像の神さまを作るしか方法がなかったのです。仏像や神棚を作ったり、誰かが考えたものを拝んだり。

しかし、仏像も元々は誰か人間が真鍮で溶かして作ったものに過ぎないのです。人間の煩悩から神を見ようとしても、歪んだメガネで真っすぐなものは見えないのです。

そこで、私が「神から反対に見させる」という世界中の宗教とは真反対のものを編み出しました。
それを見た瞬間に、まるで目が覚めたように、世界中のことがわかるようになります。なぜなら、歪んだメガネが修正され透明な目でものごとを見れるようになるのです。

まさに神のメガネといってもいいでしょう。そこで物事を判断した時に正しい判断ができるのです。
神から全てを見させる。
真我は神です。
どんな人もそういうものを持っているのです。
私は「宇宙無限力体得法」という、それができる方法を編み出しました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!