佐藤康行公式[満月の法則]オフィシャルブログ

佐藤康行最新録り下ろし語録

満月の法則

calendar

満月の法則

こんにちは、佐藤康行です。

「原因と結果の法則」があります。
結果にはすべて原因があるという法則です。

この「満月の法則」は、その原因と結果を同時に変えることができるのです。
「鏡の法則」というものがあります。
鏡に映る姿は自分自身の姿だということです。周りにいるいろんな人々、いろんな出来事、いろんな社会、それがあなたに映る鏡なのです

「満月の法則」はその鏡に映る姿を最高にする事ができます。素晴しい姿を映すことができます。
そして、その鏡を見たら更に素晴しい自分に気付き、更に素晴しい自分になっていきます。そのように良い連鎖がどんどん生まれてきます。それが「満月の法則」です。

夜空を見上げ三日月の月を見た時に、誰しもが三日月と言うでしょう。しかし、三日月の月が空に浮いているわけではありません。お月さまは、常にまん丸の球体なのです。

遠くから見たら、五円の穴の中に入るくらいの小ささですが、ロケットで近づいていくと、目の前に大きな、大きな月が現れてくるのです。100メートル近づけば更に大きくなる。また100メートル近づくと更に大きくなる、もっともっと近づくと更に更に大きくなる。
どんどん大きくなります。でも、月が大きくなるわけではありません。月が三日月の形をしているわけでもありません。

すべて脳の中でとらえた認識の世界です。
言うならば、脳の中にある月と言えるでしょう。月の実相、真実の姿をあなたの脳の中でとらえることはできないのです。

ゆえに、月に近づけば近づくほど、どんどん大きな素晴しい月が広がっていくのです。 これは人間関係にも同じことがいえるのです。

人を三日月と見るか、満月と見るか。満月でも大きな、大きな満月でして、そのような前提でとらえて、相手をそのように扱うと、人間関係、社会に対する思いが無限に、まるで鏡に映る姿が変わるように変化してくるのです。

これが原因と結果を同時にかえるということです。この「満月の法則」は世界初のどなたでも使える素晴しい技といえるのです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!

folder 3.人間関係

DVの本当の解決策
何かを欲している
more...