佐藤康行公式[満月の法則]オフィシャルブログ

佐藤康行最新録り下ろし語録

人はなぜ神頼みをするのか?

calendar

人はなぜ神頼みをするのか?
こんにちは、佐藤康行です。

人は神社にお参りをしたり神棚をまつって、今までその存在を見たことも聞いたこともないものにお願いをするところがあります。

それは日本だけではなく、世界中の人がそういうことをやっています。
なぜ、存在しない物に助けを求めるのか。神というのはもともと自分の中にある本当の我=神なのです。それは神=宇宙ととらえてもいいのです。大宇宙と同じものが自分の中に眠っているのです。

ですから、本能的に神にお願いするのは間違いではありません。しかし、方角が間違っているのです。神を求めて表にお願いするのではなく、本当のあなたが神そのものなのです。

あなたには無限なる能力、無限なる解決策、そういうものがあなたの中に存在して眠っているのです。ですから、方角を自分に向けて、自分の中にすべてを解決する力があるということをまず認めるところから出発です。

その能力の出し方が「満月の法則」なのです。
三日月という月は存在しません。月は満月ですから、もともと大きなまん丸です。そして、ロケットで近づけば、もっともっと膨大なる大きさになります。
当然月も宇宙の一つです。宇宙は無限なのです。
それと同じ力があなたの中に眠っているのです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!