満月の法則オフィシャルブログ

佐藤康行の録り下ろし語録

宇宙飛行士が体験した真我(宇宙意識)をあなたも体験できる

calendar

宇宙飛行士が体験した真我(宇宙意識)をあなたも体験できる
こんにちは、佐藤康行です。

シュワイカートさんという、宇宙から地球を見た方がいます。その方は、人間の中に眠っている宇宙の心とも言うべき、最高の心を体験しました。その方の体験談を紹介します。
 
宇宙飛行士“ラッセル・シュワイカートの体験”
 
結論を先に言ってしまうなら、彼らはみな、宇宙で“私”という個体意識が一気に取り払われるような体験をしている。
この体験を最もわかりやすく話してくれたのは、アポロ9号の乗組員だったラッセル・シュワイカートだ。 
彼が、月面着陸船のテストを兼ねて宇宙遊泳している時のことだった。
彼の宇宙空間での仕事ぶりを宇宙船の中から撮影するはずだったカメラが突然故障し、動かなくなった。撮影担当のマックデビット飛行士は、シュワイカートに、そのまま何もせず5分間待つように言い残して宇宙船の中に消えた。
 
シュワイカートに、突然、まったく予期しなかった静寂が訪れた。
それまで、秒刻みでこなしていた任務が一切なくなってしまったのだ。
地上からの交信も途絶えた。
そして、真空の宇宙での完全な静寂。
彼は、ゆっくりとあたりを見回した。
 
眼下には、真青に輝く美しい地球が拡がっている。視界をさえぎるものは一切なく、無重カのため上下左右の感覚もない。自分はまるで、生まれたままの素裸で、たった一人でこの宇宙の闇の中に漂っている、そんな気がした。
 
突然、シュワイカートの胸の中に、なにか、言葉では言い表わすことのできない、熱く激しい奔流のようなものが一気に流れ込んできた。考えた、というのではなく、感じた、というのでもなく、その熱い何かが、一気にからだの隅々にまで満ちあふれたのだった。彼は、へルメットのガラス球の中で、わけもなく大粒の涙を流した。この瞬間、彼の心に、眼下に拡がる地球のすべての生命、そして地球そのものへの言い知れぬほどの深い連帯感が生まれた。
 
「今、ここにいるのは“私”であって“私”でなく、すべての生きとし生ける者としての“我々”なんだ。それも、今、この瞬間に、眼下に拡がる、青い地球に生きるすべての生命、過去に生きたすべての生命、そして、これから生まれてくるであろうすべての生命を含んだ“我々”なんだ」
 
こんな、静かだが、熱い確信が彼の心の中に生まれていた。
シュワイカートが宇宙空間で体験したこの“私”という個体意識から“我々”という地球意識への脱皮は、今、この地球に住むすべての人々に求められている。
 
このシュワイカートさんが体験した心を真の我、真我と言うのです。あなたはその同じ心を体験してみたいと思いませんか。宇宙に出なくても、私のところの真我開発講座に来たら、それとほとんど同じような体験をすることができます。
 
シュワイカートさんが、宇宙から地球を見て、滂沱の涙を流した、そして、今までの色々なわだかまりの心が、喜びいっぱい、感謝いっぱい、愛いっぱいになられたのです。それは、宇宙に出なくても体験できるのです。なぜなら、もともとあった心だからです。
 
私のもとに来て、真我開発講座を受けたら、きっとあなたは自分の素晴らしさに感動し、滂沱の涙を流し、自分はこんな良い奴だったんだ、こんなに素晴らしい自分が本当の自分だったんだとわかるでしょう。
 
そしてあなたのまわりにいる人たち全て、そして先祖に生きた全ての人たちに、あなたはもう感謝いっぱい、喜びいっぱい、幸せいっぱいの境地になることになるでしょう。宇宙に行かなくても、毎日毎日、今日も明日も明後日も、365日、一生涯、それを味わうことができるのです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!