佐藤康行公式[満月の法則]オフィシャルブログ

佐藤康行最新録り下ろし語録

秀才と本当の意味での天才

calendar

秀才と本当の意味での天才
こんにちは、佐藤康行です。

年齢に関係なく性別に関係なく、今の状況に関係なく、あなたがこの場でこの瞬間に天才になれるとしたら、なりたいと思いませんか?
天才になれるとしたら、どの分野でしょうか?
 
天才とは、天が与えた才能です。秀才とは優れた才能、人と比べて優れているかです。
 
天才とは天が与えた才能ですから人と比べることではありません。あなただけのオンリーワンの世界です。
世界中の誰も真似ることのできないあなた。誰とも比べることができないあなた、その自分に気付いた瞬間に今、あなたは天才になれるのです。
その自分に気付いたら天才になれるのです。
 
天才とはある特定の分野ではありません。どんな人も天才なのです。
 
極端に言うなら、ホームレスの天才がいてもいいでしょう。
人に嫌われる天才がいるかもしれません。病気になる天才がいるかもしれません。その反対に大富豪になる天才。病気を片っ端から治していく天才になれてもおかしくありません。
人間関係を全て上手くやる天才になることも可能です。
 
あなたは天才です!
それを「満月の法則」から、三日月と満月に例えてお話をします。
 
夜空の三日月を見て、「あれは何の月?」と聞くと、きっと「三日月」と言うでしょう。しかし、そんな月は無いのです。お月さんは常に「まんまる」。
そして、ロケットで近づくと、遠くから見たお月さんとは全く違う、大きな、大きな存在です。
近くから見たり、遠くから見たり、また、太陽の光が当たった部分でしか月だと認識できないのは、すべて脳で捉えた世界です。
月の実相、月の実相は違うのです。それと同じく、あなたの真実、あなたの実相は最高のあなたで無限なる存在なのです。
 
自分が今まで体験したわずかしか出していない自分を自分と見るのか、無限なる大いなる自分を自分と認めるのか、そこから出発した人生は全く違うものになるでしょう。
 
つまり、「満月の大きな、大きな自分を自分と捉えること」を本当の意味で「天才」と言うのです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!