満月の法則オフィシャルブログ

佐藤康行の録り下ろし語録

人間関係がぎくしゃくしたときの心構え

calendar

人間関係がぎくしゃくしたときの心構え
こんにちは、佐藤康行です。

最も大切な心構えを言います。愛の通訳者になったら良いです。こちらの人とこちらの人、あなたが間に入って悪口を言っていたとします。そして悪口をそのまま伝えてしまうと、憎しみの通訳になってしまいます。もっと誇大に言ってしまったら、とんでもない修羅場になってしまうわけです。
 
しかし、憎しみ合ったり、いがみあったり、喧嘩したりしているのは、仲が良いからです。夫婦喧嘩が一番多いですよね。親子喧嘩や兄弟喧嘩も多いですね。仲が良い証拠でもあるのです。
 
ですから、仲が良いという前提で、こちらからこちらへと通訳してあげるのです。「あれだけ悪く言っているけれども、あの人はあなたのことをもの凄く気にかけているよね」と。「もの凄く心配されているよ」と、少し言葉を変えただけで、徐々に悪いことではなくなってきます。そして、その言った人も言われた人も、あなたがそのように解釈して伝えると、両方とも嬉しいわけです。
 
悪口を言って、そのまま悪口を誇大にして伝えられたら、言われた方も言った方も困りますよね。ですから、あなたが間に入って、愛の通訳者になることです。
 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!