満月の法則オフィシャルブログ

佐藤康行の録り下ろし語録

「佐藤康行は、今、第3ステージ」だと言う意味は?

calendar

「佐藤康行は、今、第3ステージ」だと言う意味は?
こんにちは、佐藤康行です。

私は14歳の時にお母さんを亡くして、15歳の時に東京に出てきました。そして、皿洗いの仕事から始めました。お店を持ちたくて化粧品のセールスマンになりなりました。その後、宝石のセールスマンもやって、3年でお金を1,000万円貯めました。そして、東京の四ツ谷に9坪の店を出しました。
 
その頃から、「将来、マクドナルドを追い抜く位の、大チェーン店をつくろう」と、コンサルタントも5人位雇って、勉強ばかりしていました。
 
実際に、お店を8年で70店舗つくりました。そして、それを全部手放して、この、本当の自分、「真我」の道に向かいました。これが第1ステージの終わりです。
 
そして、第2ラステージは、真我一本で、ビジネス・営業・医療・教育・家庭の平和、ありとあらゆることをやってきました。
 
「真我」といっても、なかなか理解していただけない場合がありましたので、色々なものに変装して生きてきました。中身は同じなんですが、色々なものの、ぬいぐるみを着てやってきました。
 
それを、今回は一回全てぬいぐるみを脱ぎ去って、真っ裸になって、真我一本にまっすぐ生きていくと決めました。真の我です。
 
そして、「真我」という本を、これから今年中に100巻まで出そうと思います。ギネスに載るスピードで、これから本を出版していこうと思っています。それが第3ステージです。
 
第1ステージはビジネスの世界、第2ステージは真我を色んなぬいぐるみを着て、色々なものに変装して、一般の方たちが理解しやすいようにしていました。そして第3ステージはそれを全部脱ぎ去って、真我を前面に出して、「真我」の本を日本中、世界中に広めていきます。
 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!