佐藤康行公式[満月の法則]オフィシャルブログ

佐藤康行最新録り下ろし語録

死について

calendar

死について
こんにちは、佐藤康行です。

死ぬというのは、何が死ぬかです。まず一つは肉体が死ぬこと。もう一つは心が死ぬ。

そして死なないもの。それがこの永遠の命。真我。これはずっと生き通しの命。ずっと死なない命。それを肉体に現したのがDNAだと思ってください。

DNAは何万年も生きているわけです。今から過去を振り返って死んでないわけです。全部先祖もいて、その先祖も全部自分だと思ったら死んでいないわけです。さらに魂の次元になると、更に死んでいない。それを自分と見るか、死んで滅亡して消えてなくなることを自分と見るか、どっちが幸せで、どっちが気持ちが豊かになるか、もう答えは分かりますね。

死なない命の方を自分として、それを真我というんです。神は死なないんです。永遠無限の命なんです。それを自分として見る。そしたら全て途中経過の心が全部変化していきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!