佐藤康行公式[満月の法則]オフィシャルブログ

佐藤康行最新録り下ろし語録

会社運営という疑似体験も社会経験

calendar

会社運営という疑似体験も社会経験

こんにちは、佐藤康行です。

わたしの知り合いで、学校を経営している人がいるのですが、その学校で皆でそれぞれ会社を作らせるんですね。それぞれ会社を作らせて、そして、会社を作ると成功させないといけないわけです。そうなったら、まだ中学生くらいのその子たちが、色んなコンビニに行ったりして、何をしているのかというと、色んな調査をしたりして、コンビニや店に何かの提案書を持って「こういうのやったらどうですか?」ってやるわけです。それも、中学生高校生くらいじゃないとわからないことってあるじゃないですか。大人がやってもそれで失敗することもあるわけですしね。

その学校の経営してる人がそういう子どもたちに会社を作らせて、それで会社ごっこをやらせるそうです。それで社会に出たらすぐに、相当役に立つでしょう。

「だからこうだ!」って大人の考えでやると、必要以上に博打みたいになるようだったら、そこだけちゃんと言って聞かせて教えてあげるのです。
社会に出たらどこかの会社に勤めないといけないですから。

今から練習をしておくことも大切です。だけど、自分の持てる範囲内の中でやれる。時には持てる範囲内を超えて失敗しても、それも勉強っていえば、勉強ですよね。

失敗をすれば、勉強が生きる。そういうことで、やってみるのも面白いかもしれないですね。一緒にやってみるのも面白いのかもしれないですね。

新しい自分の中にある何かの芽が出てきているのかもしれないですね。それを摘むのか、それを生かすのか。それは親としてどうなのかということです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!