佐藤康行公式[満月の法則]オフィシャルブログ

佐藤康行最新録り下ろし語録

自分を半月で捉えていませんか?

calendar

自分を半月で捉えていませんか?
こんにちは、佐藤康行です。

いつもは、三日月と満月で話していますので、半月の話をするのは、初めてです。三日月ではなく半月で、半分で見たとしたら、もう半分が・・・・で見えません。見えないけれど、丸いことは確かですね。
 
私たちは、見えた分だけを見ていた時に、足りない分を感じる心があります。見えるところを「いいこと」、見えないところを「悪いこと、不足な部分」とします。そして見えない部分が自分に起きている出来事、自分の運命だと捉えて落ち込んでしまいます。
 
見える方だけを見たら元気になる。見えない方を見たら落ち込む。そういうことで、心はふらふらするのです、振り子のように。現状は変わらなくても、心だけは落ち込んだり上がったりする。
 
月は半分しか見えなくても、ちょっとしか見えなくても、常にまんまる、大きな球体であることは間違いありません。あなたに起きている出来事も、あなたが見える分だけいいとか悪いとかと落ち込んだり元気になったりするのではなくて、いつもまんまるで、常に大きな球体だという前提で捉えていきましょう。
 
自分は愛そのものであり、神そのものだと。そう見えなくても、「自分は素晴らしい運に恵まれている」「いい出会いなのだ」「今この瞬間も本当は最高なのだ」という前提におくのです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!