佐藤康行公式[満月の法則]オフィシャルブログ

佐藤康行最新録り下ろし語録

公開カウンセリングでの対応

calendar

公開カウンセリングでの対応
こんにちは、佐藤康行です。

実際にあの方はもう本当に修羅場だったわけです。

私は演壇で何百人くらいの前で、その方に演壇に上がって来てもらいました。

そしてその場で10分か15分で、全く見違えるようにさせました。

皆の前で全部色々言いましたが、もう泣きながら変わって、あれからものすごく感謝されました。
 
今ここで倒れて救急車に運ばれて、自分が助けてあげられるのに、みんなが誤解するのではないかなんて、
その方が遥かにずる賢いじゃないですか。

それより人に何と言われようが、その人を今助けられるなら助ければいいじゃないですか。

今溺れて、ゴボゴボっとなっていたら手を差し伸べればいい。

余計な事を考える暇があれば、その後考えればいいです。
 
あの時、本当かどうか知らないですがお医者さんが何人かいて、その何人かがぞろぞろと帰っていったらしいです。

何と愚かなことでしょうか。

医者は心も使わないとだめなのです。

当たり前の今まで習ってきた事が一番正しいと思って、それを基準にして私を評価するというのはばかげた事です。
 
でも本当は、私の所に聞きに来ないといけません。

どうしてあの人はあれだけ変わってしまったのですかと。

治らない息子がいたのに。
 
私は誤解を恐れて生きたくないのです。

もう限られた時間、人生だから。人が誰もいなくなっても、私はこれで貫くのだと。その方が遥かに私は後悔しないです。

私はひとりぼっちなってもかまわないと。

本物をやるかどうかなんだ。という事です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!