佐藤康行公式[満月の法則]オフィシャルブログ

佐藤康行最新録り下ろし語録

病気が治ると確信を持つことについて

calendar

病気が治ると確信を持つことについて

こんにちは、佐藤康行です。

このままいくとどんどん酷くなるのに、
変な確信を持ってしまったら、
手遅れになってしまう可能性がありますよね。

病気で言うと、急性と慢性ってありますよね。

急性より慢性の方が怖いのです。

急性はばたっと倒れたら、救急車が来てぱっと
対処できるでしょう。

慢性はじわじわと誰も気づいてないです、本人も。

やっと分かってきた時に、もう手遅れだったって
ことはある訳です。

治るというよりも、ちゃんと正しい目で物事を
見られるようにすることです。

例えば医者がどうこうではなくて、
今の医療は本当にどうなのかという事を、
その結果を出せるじゃないですか。

ちゃんとその根っこから断つのかどうか。

ちゃんと事実を見ましょう、ということです。

そう思い込まないで、必要以上に恐怖を持つのも
問題だし、必要以上に楽観視するのも問題だと。

この両面、両方をちゃんと上手く
持ち合わせましょうということです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!