佐藤康行公式[満月の法則]オフィシャルブログ

佐藤康行最新録り下ろし語録

嫌いな人への気持ちは隠せないものなのか

calendar

嫌いな人への気持ちは隠せないものなのか

こんにちは、佐藤康行です。

いまちょっと私の若いときからの振り返ったときに、
私は自分を遠回り人生と言っています。

わざと遠回りをします。

遠回りすると、なるべく人が嫌がることをします。

自分が苦手な人とか、
難しいこととかなるべくそっちに向かっていきます。

楽な方を選ばない。

いきなりこれだけ金くれるって言っても
まずそっちにいきません。

そうなるとどうなるかというと、
今度は力がつくわけです。

力はずっと一生使えるわけです。

重いもの持っていると筋肉つくでしょう。

その筋肉はいろいろなものに使えます。

だからわざと苦手な人、
わざと難しいことをまずやるように、
私の場合心がけていました。

そしたら全部いいことになるわけです。

いいことはもちろんいいし、
悪いと思われることももっといいし。

だから、この世に悪いことがなくなります。

もっとも苦手な嫌いなタイプの人と
うまくやり技が身についたら、
あとは全部簡単です。

でもこれが人生の楽しみであり、
醍醐味であり楽しいですよ。

だからもう全部ひとくくりでいいのです。

みんな大好き。楽で楽でしょうがないです。

私の場合は、これが真我の捉え方です。

いきなり最初はだれでもできないのはよくわかります。

でもそれを楽しんでやれたら、
自然とそういう思えるようになります。

もう、最初は美点発見だとか、
いろいろうちのワークはほとんどそういう
ワークですから、やっているうちに、
最初はまあ赤ちゃんでいうなら
ハイハイみたいなもんだけど、
そのうちだんだん自然とできるようになります。

もうそのようにしか思えなくなります。

そのようにしか思えなくなるようになるまで
意識的にやります。

無意識にできるようになるまで意識的にやります。

そしたら、残りの人生楽でしょうがなくなります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに!