驚異のカウンセリング

ブログ

今日も少しハードな1日だった。

しかし、学長(佐藤康行)から「疲れた」という言葉を聞いたことがない。

わざと身体のために「疲れてる」と思うようにしていると以前言われていた。

私たちが疲れたと感じるのは、肉体的なものというより精神的なものからくる方が多いのではないかと思う。

確かに学長の場合、大変な悩みを抱えた人をカウンセリングすると余計に元気になるというのを聞いたことがある。

学長には内と外がない。

本当にびっくりするほど平等だ。

だから面談をしても、誰と会っても疲れるどころか、すべての人が愛する家族で、地球上が我が家だから、疲れることがないんだと思う。

午後はキャンセル待ちも直ぐに埋まるくらいに人気のナスペック面談だった。

びっしりの申し込み。

立ち合ったスタッフによれば、面談を受けにくる人が、学長に会うだけで明らかにエネルギーが変わっていくのが分かるそうだ。

また、私達が家族と過ごす時にホッとするような感覚を、全ての人に対して感じているという。

どこまでも裏表がない。

今日も様々な悩みを抱えた方が面談を受けに来られた。

しかし、どんなドン底の状態にいる人も、学長に会うだけでやる気が100倍になって帰っていかれる。

学長のカウンセリングは、単に気分が良くなったとかというレベルではない。

どんてもなく凄い事になって帰って行かれる。

わずか30分で全身の癌が消えるようなエネルギーなのだ。

世界中どこにもない真我カウンセリング。

本当に1秒も早く世界中に伝えたい。

「記事いいね!ボタン」をタッチして頂けると更新の励みになります。コメントも書き込めます。
タイトルとURLをコピーしました