不思議な動き

ブログ

一昨日の「黄金の谷・言葉編」のセミナーの衝撃の余韻が残る中、今日、更に学長からの全く新たな発想が飛び出し、スタッフはただただ驚きを隠せない様子だった。

 

本当に学長は1日で本を1冊書くことが可能なのだ。

 

信じられないけどリアルにそうなのだ。

 

今、学長の勢いの現れなのか何なのか、受講生の方々からも不思議なムーブメントが起こっている。

 

これはブログに書いていいのかわからないけど、実は、ここのところ立て続けに会社を経営している方々が一方的に契約書を持ってこられ、学長へ利益の何割かを毎月支払いたいという申し出が後を断たないのだ。

 

どなたも熱心な受講生の方々で、真我、学長のおかげでご自身の会社の繁栄があると言われている。

 

一方的にコンサルタント委託契約書を持って来られるのだ。

 

それも立て続けに何件も何件も続いている。

 

その方々は受講費を払ってセミナーを受講しているにもかかわらず、更に学長へのお礼と言って毎月支払いをしたいと言うのだ。

 

普通では信じられない話のように思える。

 

しかし、学長へお支払いをすることに大きな意味があることをどこか魂で感じておられるのだろう。

 

学長はいつも誰かをどうにかしてやろうとか、何かを動かそうという感じは全くない。

 

ただ、そのような方々の思いを最大に生かすというか、何百倍にもして返すということは言われている。

 

真我が現代社会の何かと真逆に感じることは多々あるが、このことはまさに普通ではありえないことのように思えてならない。

 

そして実際そのような方々からは信じられない奇跡のご報告も届いている。

 

目に見えない一体どのような仕組みになっているんだろう。

 

お金と真我。

 

ここはものすごいポイントのような気がする。

 

卵が先か鶏が先かではないけど、そのような学長への感謝が先で繁栄があるのか繁栄が先でお礼をされているのか、私にはやはり感謝が先のように思える。

 

三次元の常識では考えられないことがたくさん起こっている。

 

しかし、今の学長を見ていると、これから先も想像もつかない常識を超えたことが起こり続けるんだろうという予感がする。

「記事いいね!ボタン」をタッチして頂けると更新の励みになります。コメントも書き込めます。
タイトルとURLをコピーしました