最高の合理性

ブログ

目に見えないエネルギーというものを学長(佐藤康行)の近くにいるとはっきりと感じる時がある。

 

もちろん言葉を通してエネルギーを感じる時もあるけど、ただ学長の存在だけで全ての状況が瞬時に変わる時が多々ある。

 

例えば、ブログにも以前書いたことがあるけど、些細な意見の食い違いから険悪な雰囲気になり、周りもどうしてよいかわからないくらいに最悪の仲になってしまったある男性と女性がいた。

 

その2人がいた部屋に、たまたま何も知らない学長が入ってきた。すると驚いたことに一瞬にして修羅場がお花畑のような天国になったのだ!

 

当人たちも何かの魔法にかかったかのように、それまでのわだかまりが綺麗に消えて驚きを隠せない様子だった。

 

あれは何人かの人が目撃しているが、私の中でも過去トップクラスのびっくりだ。

 

パターンはそれぞれ違うものの、最近も学長の存在だけで人が信じられないくらいに変化したり、状況がまったく変わったということが頻繁に起きている。

 

面談やセミナーのように学長が何か意識を向けたり、言葉を発したわけでもなく、ただ偶然その場を通り過ぎただけとか、部屋に入ってきただけといった、本当に学長の無意識の存在だけの力を目の当たりにすることが本当に多い。

 

もしも、何か問題がある状況があったとして、そのために何時間、いや何日間もの時間を費やして対策を練っていたとする。

 

しかし、どんな最高の対応策や対処法を考え出したとしても、真我のエネルギーでその状況そのものが消えるとしたら、それまでの時間は全部無駄になる。

 

学長は真我は究極の合理性だとよく言われる。

 

合理性を飛び越した合理性というか、真我を極めることで全ての無駄がなくなるんだと思う。

タイトルとURLをコピーしました