感動の一日

ブログ

今日、ある方が学長(佐藤康行)の面談に来られた。その方は学長への感謝の思いで面談の間ずっと涙されていた。

 

今のお仕事に関する相談事もされていたのだが、目の前のすべての人や出来事が学長との橋渡しだったということが学長の解説ではっきりと見え、またまた感動で涙されていた。

 

原因も結果も真我でどこまでも最高に素晴らしく変化する。

 

すべての出来事が人間の視点では決して見えない壮大なご先祖様からの時空を超えた動きだという話は本当に感動だった!

 

 

面談の後は、真我の体験談を本にされた多澤優さんが学長にお礼のご挨拶に来られていた。

 

多澤優さんといえば書籍「鬼ババアが仏の顔に変わった瞬間~世代を超えた嫁姑戦争が終わりを迎えた日~」で有名な受講生の方で、今、全国から講演会の依頼で引っ張りだこだ!

 

嫁姑の因縁を真我ですべて消し去られた体験談はあまりにも強烈だ。

 

実は、今日、IGAの八重洲の会場では真我プロカウンセラー養成講座が開催されていたのだが、急きょ学長のサプライズ登場があり、多澤さんが体験談を披露された。

 

会場の多くの方がそれを聞いて涙されていた。

 

私も何度も聞かせて頂いた話なのに何度聞いても涙が出る。

 

真我の体験談ほど魂を打つものはない。特に多澤さんの真我を開いた後の真我の実践、真我の行動力は半端ではない!

 

そして今、多澤さんの体験談の影響で数多くの方が同じような嫁姑戦争に終止符を打たれたり、その他いろんな変化を体験したという報告も届いている。

 

多澤さんの体験談の影響が多くの方に及んでいることを学長は「スーパーオセロ」という言葉で説明されていた。

 

一つを白に変えたら波状的に周りのすべても白に変わるというもの。

 

多澤さんは宿敵だったお姑さんに真我を開いた後に土下座をして謝られ、その瞬間に長年の因縁をすべて断ち切られてお姑さんと大調和されたのだ。

 

今日、多澤さんが体験談を発表された後、学長は「頭を下げて負けて勝つ」ということを言われた。

 

素晴らしい言葉だと思った。

 

人間が思う勝つと真我の勝つは全くの別ものだ。

 

学長に出会い、真我に出会たことの究極を今日も魂の底から実感した一日だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「記事いいね!ボタン」をタッチして頂けると更新の励みになります。コメントも書き込めます。
タイトルとURLをコピーしました