真我と世の矛盾

ブログ

今日、夜にNHKで「こもりびと」という感動のドラマが放映されていた!

 

ある方から教えて頂き観ることができたのだが、様々なLINEグループでも拡散されていた。

 

このドラマのテーマは引きこもり。そして、ドラマの中に真我開発講座の受講生の方が出演されていた!!

 

受講生のTさんは、真我の奇跡の体験談の持ち主だが、18歳から7年間引きこもりを体験され、

 

真我で見事に社会復帰され、現在ではカウンセラーとして多くの方のお役に立ちたいと大活躍されているされている方だ。

 

様々なテレビや新聞で引っ張りだこ。「引きこもり新聞」という新聞にも連載されていた。

 

大学受験の時のある言葉がきっかけで引きこもりになり、その後、ご両親が真我に出会い、学長の書籍をご両親がTさんに渡されたことでTさんも真我開発講座を受講されて、真我を極められたとのこと。

 

Tさんは、カウンセラーを始められた頃、井の頭公園でプラカードを持ってボランティアのカウンセリングをされていたという話を聞いた時は本当に感動した。

 

今日のドラマは、俳優の武田鉄矢さんと松山ケンイチさん主演の、教員の父親と引きこもりの息子を描いたストーリー。

 

番組を観ながら何度も涙が止まらなくなった。

 

子供を思う親の気持ち。その親の思いが子供を更に動けなくさせているという矛盾。

 

実は、私自身も真我開発講座の受講のきっかけの一つは子供の不登校と引きこもりだった。

 

真我に出会えなければ、あの時の学長の面談がなければ、間違いなく今の幸せはなかった。

 

 

続きはまた書かせて頂きます。。


「記事いいね!ボタン」をタッチして頂けると更新の励みになります。コメントも書き込めます。
タイトルとURLをコピーしました